アパートに住むときにはいろんなことを考えて

TOPICS
アパートに住むときにはいろんなことを考えて

住み心地のいい東京の賃貸

アパートに住むときにはいろんなことを考えて
東京の賃貸アパートに住んでいました。
池袋に住んでいたのですが、それを友人に言うと、「都会なんて暮らしにくくない?
」と口を揃えて言われたものです。

けれど、都会でも、住む場所や物件を上手に選べば、のんびりと暮らせるものです。

わたしが住んでいたのは、池袋とは言っても板橋に近い方で、かなり住宅街です。

昔から住んでいる人も多く、コンビニやスーパーもたくさんありましたが、昔ながらの商店もがんばっているような地域です。

買い物をするにも、スーパーで高かったら八百屋さんで野菜を買い足したり、肉は商店街で買うと決めている人がいたりと、バランスよく成り立っていました。
なので、近所の人たちはみんな仲良く、顔見知りで、わたしが学校に行くときなど、行ってらっしゃいといつも声をかけてもらったものです。

また、歯が急に痛くなって、コンビニで店長さんに愚痴っていたら、近所の歯医者さんが話を聞きつけて診てくれたりもしました。
地元で暮らしていたときよりも、却って近所付き合いを密にしていた気がします。
住んでいたアパート自体もアットホームで、住民たちは仲も良かったですし、大家さんも近くに住んでいたので、しばらくは家賃を手渡ししに行っていたくらいです。

田舎でも、このような関係はなかなか築けないのではないでしょうか。
こういう関係性が面倒だと思う人もいるでしょうが、ホームシックにもかかりませんし、社会性も身に付きます。
何より毎日安心して暮らせます。

関連情報

Copyright (C)2017アパートに住むときにはいろんなことを考えて.All rights reserved.