アパートに住むときにはいろんなことを考えて

TOPICS
アパートに住むときにはいろんなことを考えて

アパートのルールを守りつつ、自分の要望も上手に伝える方法

アパートに住むときにはいろんなことを考えて
アパートにはいろいろ決まりがあります。例えば、ペットを飼ってはいけない、共同スペースに自転車やおもちゃを置いてはいけない、ゴミは前の日に出してはいけないなどです。それらは住民が気持ちよく過ごすための重要な決まり事ですので、自分にとって守るのが難しくても、自分にも恩恵があるものです。

著者が昔住んでいたアパートには楽器を置いてはいけないというものがありました。ドラムやサックスなどはもちろん、ギターやピアノもだめということでした。しかし著者の趣味はピアノを弾くことでした。また決まりの中にはペット禁止というものもありました。この2つが著者にとって挑戦となりました。はじめは了承していたのですが、長年住んでいると、どうしてもピアノが弾きたくなったり、ペットを飼いたくなったりするのです。中には秘密でそれらを部屋に持ち込んだりする人もいるのでしょうが、もちろんそのようなことは許されることではありません。自分ひとりがやったことで収集がつかなくなり、ほかの人も始めた場合、自分にもいつか必ず迷惑が降りかかるからです。そこで不動産屋さんに正直に相談しました。自分の気持ちや提案などです。それまで不動産屋さんともいい関係を築き、信頼関係もあったので、大家さんとの相談のもと、鳴き声の小さくケージで飼える動物なら飼ってもいい、また電子ピアノでイヤホンをつけながらであれば使ってもいいという了承を得ました。無断でなにかおきてを破るよりも、日ごろから大家さんとも不動産屋さんともいい関係を保ち、なにか要望があれば正直に伝えて要望を擦り合わせていくということが長く気持ちよくその家で住む秘訣だと学びました。

関連情報

Copyright (C)2017アパートに住むときにはいろんなことを考えて.All rights reserved.