アパートに住むときにはいろんなことを考えて

TOPICS
アパートに住むときにはいろんなことを考えて

アパートの構造と家賃について

アパートに住むときにはいろんなことを考えて
アパートは賃貸などでもよく聞く言葉だと思います。マンションともちょっと似ているので間違う人も多いのではないでしょうか。でもこの二つは同じではありませんので注意しましょう。まず構造上の違いがあります。マンションは鉄筋コンクリートでできていますが、アパートの場合は木造や軽量鉄骨になります。最近は見た目もきれいなアパートなどもたくさんできていますので、つい同じように見てしまうかもしれませんが構造的にも違う建物になっています。そのためアパートの場合は2階建てが多いようですね。構造上どうしても制限などができてしまうため仕方ないのかもしれません。

アパートは構造上どうしても2階までしか作る事ができません。またあるとしても3階が限度でしょう。木造や最近は軽量鉄骨なども多いようですが、階数については仕方がないのかもしれませんね。ただそのぶんエレベーターがついていませんので管理費なども少なくて済むのではないでしょうか。階数が少ないのでほとんどは階段を利用する事になりそうです。稀にエレベーターが設置されている場合もあるようですがアパートのほとんどは階段となっています。ですからその分家賃も安くて済むのかもしれませんね。

Copyright (C)2017アパートに住むときにはいろんなことを考えて.All rights reserved.